認知症患者とトラブル回避

認知症患者と接するにあたって、最も大切なことはトラブルを回避することです。

認知症の症状は脳や精神に関わるものであり、患者は情緒が不安定になりがちです。
その一方で、安心させるような言葉を言っても、また例えば感情的になった際に注意したとしても、
いわゆる物忘れの症状があるために効果は薄いのです。

ですから、対処法が非常に難しいものなのです。

ただ、認知症患者とのトラブルを避ける方法は、いくつか知られています。
最も基本になるのは、患者の言動に対して肯定的になることです。

肯定的とはいかなくとも、腹を立てたり注意することは避けるのが基本です。
認知症患者は不安定な状態にありますから、怒ったり注意したりすると混乱したり、
ますます興奮するものです。

トラブルの回避には、一歩引いた状態で優しく相槌をうつというのが一つの方法です。

また、患者は時として攻撃的になり、それが言動に出ることもあります。
その場合には、いちいちその言動に取り合わないことです。
別の話をしたり、別の事に注意を移すなどしましょう。

これはある意味では、介護をする側にとってのトラブル回避です。
患者の言動にいちいち真面目にとりあっていては、介護する側が精神的に参ってしまいます。

このように、認知症患者との接し方には、患者と介護者双方にとってトラブル回避が重要なのです。
このような接し方は冷たいように感じるでしょうが、長く認知症患者と付き合っていくには、
患者、介護者双方にとって最良の方法と言えるのです。

このページのトップへ