認知症と家族の注意点

認知症という病気は、多くの人にとって避けることのできない病気の一つです。
それは何も、自分が認知症になる可能性だけを言っているのではなく、家族や知り合いが
認知症になる可能性や、介護者として認知症の型の介護を行う可能性なども含めての話です。

特に、認知症と介護は関係性が強く、我々も40歳をこえれば介護保険料帆支払う義務がありますので、
そのような意味での認知症は他人ごとではないのです。

そのような介護については、お金の問題も重要ですが、
何より介護をする立場にある人の問題が大きいです。

介護は家族による自宅介護施設での介護、それらを半々に行うデイケアなどがあります。
介護を仕事として行っている介護士でも、その仕事は非常にストレスが多いと聞きます。
家族と言えど、無償で介護を行うのは非常に労力を要します。
家族の型が認知症の患者と接する際には、いくつかの注意点があります。

基本的なことを言うと、まず接し方についての注意点があります。
それは、認知症の方に対しては、なるべく肯定的に接するというものです。

認知症の患者の方には、言い聞かせるということが通用しません。
大切なのは、相手を興奮させないことや、混乱させないことです。
そのために、全体として肯定的に接するべきという注意点があるのです。

また、認知症の方は危険を察知する能力が衰えています。
特にそのことを危険認識の問題などと呼びます。

家族の方は、この危険認識についても注意が必要です。
火気や刃物、誤飲などが家族の人が気を付けるべき注意点です。

このページのトップへ